最新ニュース、書籍やマンガなど身近な話題から昭和・平成・令和の生き方・働き方を考える

メディアの功罪・・・池袋暴走事故報道に思うこと!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、さんちゃんです。

 

今年4月に発生した乗用車暴走による死亡事故で新しい動きがありました。

 

運転手に厳罰を求める29万通もの署名が集まる!

 東京・池袋で車が暴走し松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)が死亡した事故で、会社員の夫(33)が30日、東京都内で記者会見し、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)に厳罰を求める署名が計約29万人分集まったと明らかにした。引き続き9月中旬まで署名を募る。
警視庁は飯塚元院長が運転操作を誤った可能性が高いとして、自動車運転処罰法違反容疑で書類送検する方針。署名は送検後、東京地検に渡すという。
夫によると、署名は7月中旬から受け付けを開始。子どもを持つ親や高齢者が多く、海外からも集まり、手紙も約1万通送られてきたという。
出所)「暴走事故、厳罰求める署名29万 東京・池袋の母娘死亡を受け」共同通信2019年8月30日配信

 

近年相次いでいる高齢ドライバーによる交通事故ですが、今年4月に池袋で発生した事故について続報が入ってきました。

 

妻と子どもを一瞬のうちに失った夫によると、7月から受け付けを開始した事故を起こした運転手に対する厳罰を求める署名が現段階で29万通にも達しているようで、9月以降も署名を募るとのことです。

 

ポイントを整理すると

事件当初から繰り返し報道されていますので、簡単にポイントを整理すると次のようになります。

 

事故の概要としては、
○池袋で乗用車が暴走して、当時31歳の女性とその3歳になる娘が死亡
○乗用車を運転していたのは88歳の高齢ドライバー
○その際、高齢ドライバーは逮捕されなかった
となります。

 

そこで逮捕されなかったこととメディアの報道に多くの疑問が集まりました。

簡単にまとめると、
○同時期に発生した事故の高齢ドライバーは即日逮捕された
○逮捕されなかった池袋の高齢ドライバーは旧通産省の官僚であった
○報道時の呼称が、容疑者などではなく当時の肩書である元院長などと敬称が用いられた
となります。

 

そのため、この高齢ドライバーは、何をしても許される、下々の人とは格が異なる「上級国民」と揶揄されるようになりました。

 

結果として、警察が忖度しているのではないかといった声や報道のあり方などについて非難の声があがり、当然ながらそれは高齢ドライバー本人に対しても厳しい声が向けられるようになりました。

 

88歳を相手に厳罰・・・、それで変わるのか

署名の内容にある「厳罰」が何を意味しているのかについては定かではありませんが、結果的に2人の尊い命を奪ったわけですからそれ相応の重い刑罰に服することを求めるものであると解釈できます。

 

とはいえ、加害者は88歳とかなりの高齢であり、平均寿命を考えるといつお迎えが来ても驚くことのない年齢といえます。

 

そのような相手に厳罰を求める署名が29万通も集まったことは、逮捕されて取り調べを受けなかったこと、メディアが肩書きで報道するなど特別扱いと取られても不思議ではない報道姿勢を貫いたことがあるように感じます。

 

 東京・池袋で4月、暴走した乗用車にはねられ松永真菜さん(当時31歳)と長女莉子ちゃん(同3歳)が死亡した事故で、真菜さんの夫で会社員の男性(33)が30日、東京都内で記者会見し、運転手を厳罰に処するよう求める署名が29万1639筆分集まったことを明らかにした。署名を募るのは8月末までの予定だったが、賛同者の要望で9月15日に延長する。
男性は7月、「加害者がしかるべき処分を受けることが、再発防止につながる」として署名活動を開始。真菜さんの出身地の沖縄や池袋の街頭で協力を呼び掛け、ブログに用紙をアップロードして郵送でも受け付けた。
…中略…
警視庁は、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)がアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるとみて捜査している。
出所)「池袋暴走事故 88歳運転手の厳罰求める署名に29万筆」毎日新聞2019年8月30日配信

 

記事にあるように妻と娘を亡くした夫は、「加害者がしかるべき処分を受けることが、再発防止につながる」としており、必ずしも厳罰を求めているようには感じられません。

 

仮に極刑(死刑)になったとしても、妻や娘が帰ってくるわけではありませんし、加害者である88歳の人間の命が亡くなったとしても気分が晴れるとも思いません。

それよりも、加害者が逮捕されたうえで交通事故の加害者に与えられる相応の刑罰を受け、あわせて民事裁判などで遺族である夫に経済的な賠償をおこなう方がよほど理にかなっているように感じられます。

 

どうしても警察の判断やメディアの報道姿勢が、結果的に被害者遺族を、そして加害者自身をも苦しめているのではないかとすら思えてきます。

 

どういう気持ちで「厳罰を求める署名」をされたのか、一人ひとりの気持ちはわかりませんが、交通事故に対して一般的な対応をしていれば、88歳の人間に厳罰を求める署名に29万通も集まるとは思えないのですが・・・。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 21世紀の生き方・働き方 , 2019 All Rights Reserved.